音速~音楽のまとめサイト~

音楽系(主にロック)のニュースを扱うまとめサイトになっております。他にもライブ感想や新譜のレビューなどもございますので、是非お立ち寄りください!

      

    宇多田ヒカル

    no title

    1: 2018/07/12(木) 18:55:38.328 ID:7nbFDpJa0
    2人とも天才と言われてるけど

    【米津玄師と宇多田ヒカルってどっちの方が音楽的センス高いの?】の続きを読む

    no title

    1: 2018/07/08(日) 10:40:26.34 ID:CAP_USER9
    6月30日放送の『SONGSスペシャル』(NHK総合)に宇多田ヒカルが出演。
    対談相手の又吉直樹に、自身の歌詞は母親・藤圭子の影響を受けていることを明かした。

    同番組では宇多田の歌詞の魅力に迫るべく、お笑い芸人で芥川賞作家でもある又吉が質問をしていく中で、
    昨年発表された「あなた」の歌詞に話が及んだ。

    「あなた」の歌詞は、抽象的ではあるが“夢を見るよりも、この世界でごく普通にあなたと過ごしたい”という、
    宇多田の複雑な状況ながらもシンプルな願いが、赤裸々な言葉でつづられている。
    そして、その望んだ生活が「“息を飲むほど美しいんだ”って言い切っている」ことの潔さや覚悟を感じ取ったのか、
    又吉は強く感銘を受けたと語った。

    これを受けて宇多田は自身の幼少時代を振り返る。
    「今、世界がこうだって思っても、次の0.5秒後にそれがすべてひっくり返される可能性があるっていうのが普通」だったと、
    母親の予測できない言動に翻弄されていたことを告白。特別な家庭環境が「あなた」の歌詞につながっていると明かした。

    歌手・森進一と森昌子の長男であるONE OK ROCKのボーカルTakaら、二世ミュージシャンは多数存在する。
    その中でも、宇多田は母親との関係に強いトラウマを抱えている二世と言えるだろう。
    もともと母親は1971年にムード歌謡歌手の前川清と結婚し、翌年に離婚。その10年後に音楽プロデューサー・宇多田照實氏と再婚している。

    宇多田はアメリカ生まれだが、母親の思い付きで数年の間に東京とニューヨークを転々としながら幼少期を過ごした。
    また、家の中が険悪になった途端「もう二度と会えないよ、お父さんと」と母親から突然離婚したことを伝えられるなど、
    気持ちが追いつかないことばかりだった。

    歌手である母親は、ラジオ番組などに出演してデビュー前から娘の宇多田を売り込んでいた。
    そして、1998年にリリースされた宇多田のデビューシングル「Automatic/time will tell」が、累計出荷枚数255万枚という驚異の大ヒット。
    生み出された莫大なお金をめぐり、一度は寄りを戻していた宇多田の両親が再び対立。
    最終的に藤と宇多田氏とはこの件を含め、7度も離婚・結婚を繰り返すことになる。

    宇多田の成功の裏で、母親は精神が不安定になっていき、“ニューヨークやカジノに通い5年間で5億を使った”といった
    浮世離れした言動で世間を驚かせたりもした。常軌を逸したようなこの母親の行動には、娘・宇多田との関係が影響していたとの話もある。

    宇多田がデビューして2、3年後のある日、目に余るほど感情の起伏が激しい母親に我慢できなくなった宇多田が、
    家を出ていくように厳しく言い放ったことがあるという。すると、母親は“娘に嫌われている”と思いこみ、かたくなに娘を拒絶。
    関係を改善したいと願う宇多田の思いとは裏腹に、そのまま母親の精神状態は悪化、
    夫との関係も不安定なまま孤独な時を過ごすことになり…2013年8月、自ら命を絶ってしまったという。

    「宇多田ヒカル自身、2度離婚しているのは藤圭子の影響と言われています。持って生まれた音楽センスと同時に
    “家族を愛していながらも、どうしていいか分からない”という葛藤を抱えている点も引き継がれ、連鎖している。
    その繊細な想いが反映されて、ファンの心を掴む魅力的な作品になるというのは、ある意味で宿命なのかもしれません」(芸能ライター)

    「あなた」は、宇多田の祈りと同時に、母親へのトラウマを自分の中で整理できたようにも受け取れる歌詞だ。
    過去を乗り越え、今後の幸せへの誓いにも似た歌だとも言えるのではないだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14977272/

    【【初恋】宇多田ヒカル、「あなた」の歌詞は母親・藤圭子とのかつての生活!?】の続きを読む

    childlistenmusic-e1518972690671
    1: 2999/12/31(月)00:00:00 ID:0nI
    宇多田ヒカル 7thアルバム 【初恋】
    全収録曲

    01. Play A Love Song
    02. あなた
    03. 初恋
    04. 誓い
    05. Forevermore
    06. Too Proud featuring Jevon
    07. Good Night
    08. パクチーの唄
    09. 残り香
    10. 大空で抱きしめて
    11. 夕凪
    12. 嫉妬されるべき人生

    【【おすすめ】宇多田ヒカル7thアルバム『初恋』感想・詳細・批評・レビューまとめ!!】の続きを読む

    no title

    1: 2018/06/27(水) 13:56:13.32 ID:CAP_USER9
    宇多田ヒカル(35)の12年ぶりとなる全国ツアー「宇多田ヒカル CONCERT TOUR 2018」のチケットの徹底された転売対策が
    「本気」だとファンの間で話題となっている。

    宇多田にとって7枚目のオリジナルアルバム「初恋」が27日に発売。同アルバムには11月6日(横浜アリーナ)から始まる全国ツアーの
    「ツアーチケット先行応募抽選券」が封入されており、抽選の応募受付がスタートした。

    チケットサイトには、公演当日の入場の際に顔写真による本人確認を行う旨が明記されており、チケットの抽選への申し込みには事前に
    顔写真の登録が必要。チケット2枚で申し込む場合も、同伴者の顔写真登録が必要とされている。

    ネットでは徹底した転売対策にファンから「宇多田ヒカルのツアー、転売対策すごい」「これなら転売防止できるかも」「鉄壁な転売対策に感謝」
    などと喜びの声があがった。一方で「11月や12月の話だし、都合がつかなくなったらどうすればいいのか」「入場に時間がかかりそう」と
    不安を感じるファンも見られた。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000086-spnannex-ent

    【【転売屋涙目ワロタw】宇多田ヒカル全国ツアー 徹底された転売対策が話題 抽選応募に顔写真登録が必要 】の続きを読む

    1: 2018/05/22(火) 22:48:40.23 ID:CAP_USER9
    宇多田ヒカルの最新アルバム『初恋』のジャケット写真が、5月15日に公開された。ニューヨーク在住の日本人写真家であるTakay氏の撮影で、6月27日に発売される予定だが、この写真がファンのあいだで議論の対象になっているのだという。

    「問題の写真は、宇多田の顔がアップになっている写真です。メイクが非常に薄く。頬、鼻、目もベージュのファンデーションを塗っただけ。パッと見では誰だか分からないという意見もあります」(音楽ライター)

    この写真では宇多田に似ているほかの人のように見えてしまうというのだ。


    no title

    https://myjitsu.jp/archives/52006

    【【初恋】宇多田ヒカル「これじゃ別人!?」新ジャケ写で整形疑惑!? 】の続きを読む

    no title

    1: 2018/05/18(金) 13:38:22.52 0
    ファントム聴いてるけど感覚的にいい曲だってことしかわからん
    あまり言葉にできないが変わったメロディで面白い

    【【徹底分析!!】音楽詳しい人から見て宇多田ヒカルってどうなん? 】の続きを読む

    no title

    1: 2018/05/09(水) 19:58:34.80 ID:qY0iR4/c0
    ほんまこの二者は突出してるわ

    【宇多田ヒカルと椎名林檎は、次期のユーミン、中島みゆきで異論ないやろ!?】の続きを読む

    no title

    1: 2018/05/08(火) 17:20:09.62 ID:J1B4HB1E0
    なんでこいつがニコニコごときに今までおさまってたのか

    【米津玄師とかいう宇多田ヒカル以来のガチの天才!?】の続きを読む

    2009782_201204060109531001333638037c

    1: 2018/05/02(水) 15:37:12.34 0

    【宇多田ヒカル「コード進行から曲を作る」←定番 コブクロ「歌詞から作る」←凡人 ミスチル桜井「鼻歌から作る」←天才じゃね?】の続きを読む

    1: 2018/04/25(水) 00:26:06.44 ID:CAP_USER9
    宇多田ヒカル、ニューアルバム『初恋』リリース決定! 12年ぶりのツアーも発表
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000001-mnet-musi 

    サントリー 南アルプススパークリング『SWITCH&SPARKLING!』篇 60秒 宇多田ヒカル サントリー CM
    https://youtu.be/XJ_JugKreGU



    2018年、デビュー20周年イヤーを迎え、配信第1弾ソング「Play A Love Song」(“サントリー 南アルプススパークリング”CMソング)、配信第2弾ソング「初恋」(TBSドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』のイメージソング)の発表など、話題に事欠かない宇多田ヒカル。

    一時活動休止を経てもなお唯一無二の存在であることを証明した復帰作『Fantome』(2016年リリース)から19ヵ月。
    デビュー20周年を迎える今年、レーベル移籍後初となる7枚目のオリジナルアルバムが、6月27日にEPICレコードジャパンよりリリースされることが決定。それにあわせて最新アーティスト写真も本日公開された。
    ※『Fantome』の「o」はサーカムフレックスアクセント付きが正式表記。

    アルバムタイトルは『初恋』。伝えきれない感情を、誰もが知っている言葉で描く。言い尽くせない想いを、誰もが親しみを覚える旋律で奏でる。
    そのポップクリエイターとしての創造性が、デビュー20周年を迎えた今も絶頂期であることを如実に物語るアルバムとなっている。

    先行配信楽曲「大空で抱きしめて」(“サントリー天然水”CMソング)、「Forevermore」(TBS系ドラマ『ごめん、愛してる』主題歌)、「あなた」(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』主題歌/ソニー“ノイキャン・ワイヤレス”CMソング)に加え、「誓い」(『KINGDOM HEARTS III』テーマソング)、
    「初恋」(TBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』イメージソング)、「Play A Love Song」(“サントリー 南アルプススパークリング”CMソング)ほか話題曲を含む全12曲を収録予定。

    また、初回出荷分に関しては、年末に行われるコンサートツアーチケット先行応募抽選券が封入されることも決定。
    あわせてツアースケジュールも発表された。約12年ぶりのコンサートツアーということもあり、アルバムとともに盛り上がること必至だ。

    また、4月24日より全国の各メディアにおいてオンエアされ、話題となっている“サントリー 南アルプススパークリング”新TVCMソング「Play A Love Song」が本日4月25日より配信スタート。
    事前にYouTubeで公開されたCM関連動画は、公開から5日間で総再生回数10万回再生を突破! 今年初リリースとなる楽曲だけに、熱い注目が集まっている。

    デビュー20周年記念日となる2018年12月9日まで、宇多田ヒカルの活動からますます目が離せない。

    ◆リリース情報

    2017.12.08 ON SALE
    DIGITAL SINGLE「あなた」

    2018.04.25 ON SALE
    DIGITAL SINGLE「Play A Love Song」

    2018.05.30 ON SALE
    DIGITAL SINGLE「初恋」

    2018.06.27 ON SALE
    ALBUM『初恋』

    ◆ライブ情報

    宇多田ヒカル CONCERT TOUR 2018
    11/06(火) 神奈川・横浜アリーナ
    11/07(水) 神奈川・横浜アリーナ
    11/14(水) 福岡・マリンメッセ福岡
    11/15(木) 福岡・マリンメッセ福岡
    11/22(木) 愛知・日本ガイシホール
    11/23(金) 愛知・日本ガイシホール
    11/28(水) 大阪・大阪城ホール
    11/29(木) 大阪・大阪城ホール
    12/04(火) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    12/05(水) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    12/08(土) 千葉・幕張メッセ展示ホール9-11
    12/09(日) 千葉・幕張メッセ展示ホール9-11

    【宇多田ヒカル、ニューアルバムとツアー決定!! しかし”ある問題”が.....】の続きを読む
               

    このページのトップヘ