音速~音楽のまとめサイト~

音楽系(主にロック)のニュースを扱う2ch,5chまとめサイトになっております。他にもライブ感想や新譜のレビューなどもございますので、是非お立ち寄りください!

      

    チャート

    TSU75_micmotute_TP_V

    1: 2018/08/08(水) 22:18:59.41 ID:CAP_USER9
    音楽業界の総収入のうちミュージシャンの手に渡るのは12%だという調査結果が明らかに

    今回、新たに発表された調査結果によれば、音楽業界においてミュージシャンに支払われる金額は少なく、音楽業界全体の総収入における12%に過ぎないという。

    シティグループが発表した調査結果は「プッティング・ザ・バンド・バック・トゥギャザー」と題されたもので、アメリカの消費者によって音楽に費やされた金額は200億ドル(約2兆2,000億円)と過去最高となり、音楽業界全体の総収入は430億ドル(約4兆8,000億円)に上っている一方で、ミュージシャンに渡っているのはその内のわずか50億ドル(約5,500億円)だという。

    調査結果によればこれには2つの原因があるとのことで、デジタルの時代になってミュージシャンが以前よりもツアーに出るようになったことと、消費者がストリーミング・サービスを通して音楽を購入せずに「レンタルする」ようになってしまったことが挙げられている。

    調査結果は次のように述べている。「音楽業界は2つの大きな変化の渦中にあります。1つは消費者は音楽を購入する代わりに、音楽をレンタルすることを選んでいるということ。第2にフィジカルの音楽が終焉を迎えたことによってアーティストが以前よりも頻繁にツアーを行うようになり、コンサートやフェスティバルの市場が目まぐるしく成長しているということです」

    調査結果の著者の1人であるジェイソン・バジネットは米『ローリング・ストーン』誌によるインタヴューの中で、この数字は「極めて低く」、「信じがたい量が流出している」ことを示していると指摘している。

    彼は次のように続けている。「お金の行き先を追ってみると、アーティストが手にするのはその内のおよそ10%ほどです。極めて低いものなのです」

    彼によれば、「音楽業界の生々しい実情を知らない」若いアーティストの場合は特にそれが顕著だという。「それほど多くのお金を稼ぐことができないのです。音楽業界全体を通して信じがたい量が流出しているのです」

    調査結果では音楽業界における問題点について、ミュージシャンが直接ファンに作品を届けられるようになっているにもかかわらず、音楽業界は時代遅れのシステムを使用しており、業界がいまだストリーミングに適応できていない点が問題だと指摘されている。

    一方で、音楽業界全体の収入はツアーやセルフリリースの影響でここ数年にわたって増加しており、今後の音楽業界はデジタル時代により適応する形で進化を遂げることになるだとうと調査結果には記されている。

    一つの可能性として、ストリーミング・サービスの会社が「根本的にレコード会社に変貌を遂げる」ことが挙げられているほか、ライヴのプロモーターがストリーミング・サービスを併合する可能性も指摘されている。

    進化を遂げるために重要になることの一つとして、業界内の「仲介の数」を減らすことが重要だと調査結果では提言されている。

    調査結果次のように締めくくられている。「総収入におけるアーティストのシェアは大きくなってきているものの、価値に見合っているかという点においては極めて低いものです。大抵のエンタテインメント業界ではアーティストが利権の一番おいしい部分を得ています。しかしながら、音楽業界には多くの仲介があり、音楽の消費方法も様々なプラットフォームによって分断されているため、アーティストは総収入のわずかな額しか手にすることができないのです」

    「ここ20年間で業界全体の収入におけるアーティストのシェアは7%から12%の間を推移しています」 
    https://nme-jp.com/news/59296/

    【【悲報】音楽業界の総収入のうちミュージシャンの手に渡るのは12%だという調査結果が明らかに....】の続きを読む

    no title

    1: 2018/08/07(火) 09:44:00.69 ID:CAP_USER9
     サザンオールスターズのデビュー40周年企画アルバム「海のOh,Yeah!!(オヤー)」が発売初週で32・5万枚を売り上げ、13日付オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。


     キャリア40年以上の国内グループの首位獲得は史上初。また98年発売の、デビュー20周年記念アルバム「海のYeah!!」が0・9万枚を売り上げ7位に入り、10位以内に2作ランクインした。同シングルランキングは、Hey!Say!JUMP「COSMIC☆HUMAN」が22・1万枚で1位。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00291857-nksports-ent

    【サザンオールスターズ40周年アルバムの週間売上がトンデモナイことに....】の続きを読む

    childlistenmusic-e1518972690671

    1: 2018/06/25(月) 23:43:40.78 BE:132464407-2BP(1500)
    【オリコン上半期】AKB48が史上初の快挙 通算2回目のシングル&アルバム2冠
    人気アイドルグループ・AKB48が上半期シングル/アルバム両ランキングで1位となり、2冠を獲得した。
    https://www.oricon.co.jp/news/2114232/full/

    01位 174.1万 AKB48 Teacher Teacher
    02位 127.7万 乃木坂46 シンクロニシティ
    03位 116.9万 AKB48 ジャーパージャ
    04位 101.0万 欅坂46 ガラスを割れ!
    05位 62.6万 King & Prince シンデレラガール
    06位 43.8万 嵐 Find The Answer
    07位 38.7万 SKE48 無意識の色
    08位 34.0万 TWICE Candy Pop
    09位 34.0万 TWICE Wake Me Up
    10位 33.8万 NMB48 ワロタピーポー
    11位 32.0万 Hey!Say!JUMP White Love
    12位 30.3万 米津玄師 Lemon
    13位 27.0万 Hey!Say!JUMP マエヲムケ
    14位 23.2万 NMB48 欲望者
    15位 22.0万 KinKi Kids Topaz Love/DESTINY
    16位 21.2万 HKT48 早送りカレンダー
    17位 18.7万 星野源 ドラえもん
    18位 18.6万 STU48 暗闇
    19位 16.3万 ジャニーズWEST プリンシバルの君へ/ドラゴンドッグ
    20位 15.3万 東方神起 Reboot
    21位 15.2万 三代目 J Soul Brothers J.S.B. HAPPINESS
    22位 15.2万 NEWS LPS
    23位 15.2万 KAT-TUN Ask Yourself
    24位 14.8万 Sexy Zone イノセントデイズ
    25位 14.4万 NGT48 春はどこから来るのか?
    26位 14.3万 BOYS AND MEN 進化理論
    27位 14.1万 乃木坂46 いつかできるから今日できる
    28位 13.4万 ST☆RISH ウルトラブラスト
    29位 11.1万 祭nine. HARE晴れカーニバル
    30位 10.8万 和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生 愛を頑張って


    【【平常運転w】 2018年上半期CDランキングがヤバイと批判殺到wwwwⅴwww】の続きを読む
               

    このページのトップヘ