音速~音楽のまとめサイト~

音楽系(主にロック)のニュースを扱うまとめサイトになっております。他にもライブ感想や新譜のレビューなどもございますので、是非お立ち寄りください!

      

    PUNK

    no title

    1: 2018/06/07(木) 21:51:23.83 ID:CAP_USER9
    横山健、音楽ヒストリーを語る「THE BLUE HEARTSがバンドを始める決定打に」

    J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)のワンコーナー「FEATURE TOPICS」。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げます。

    先週と今週は、6月6日(水)にスプリットCD『Ken Yokoyama vs NAMBA69』をリリースした2バンド、Ken YokoyamaとNAMBA69それぞれを牽引する、横山健さん、難波章浩さんを1週間ずつフォーカス。今週は横山健さんが登場しました。

    ■音楽を聴き漁った少年時代「すっごく時代が良くて」

    1回目のオンエアとなるこの日は、横山さんの音楽ヒストリーに迫りました。小さい頃から音楽好きだったという横山さんは、中学に入って洋楽に出合い、音楽好きの友人と曲をダビングしたカセットテープを貸し借りしていたそう。

    横山:当時、すっごく時代が良くて、それこそマイケル・ジャクソンの『スリラー』が発売されたり、マドンナが新人だったり、ヘヴィメタルありディスコありニューウェーブもあり、なんかものすごい時代で、バンドもありソロシンガーもあり、なんでも同じ温度で聴けて。

    その中で出会ったのが、ヴァン・ヘイレン。彼らのMVを見て「ギターってカッコいい! バンドの花形だ」とハマっていったそうです。さらにオジー・オズボーンバンドのギタリスト、ランディ・ローズの弾くギターの旋律に憧れ、ギターの道へと進みます。

    横山:ギターに憧れつつも、それからもどんどん音楽を掘っていくわけですよ。で、高校に入ると自分でエレキギターを手に入れて。ヘヴィメタルが過激だと思って聴いていたんですが、「もうちょっと刺激がほしいぞ」ってときに出てきたのがスラッシュメタルで。まだブレイクする前のメタリカだとか、スレイヤーとかのサウンドを聴いて「すごい!」と思って。 

    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/06/64-4.html

    【【Hi-Standerd】横山健、音楽ヒストリーを語る「THE BLUE HEARTSがバンドを始める決定打に」  】の続きを読む

    20160603115929

    1: 2017/08/31(木) 00:56:49.170 ID:BxlZAevO0
    俺は3バンドとも好きなんだが
    そうじゃないって人もいる感じ?

    【ELLEGARDENが好きな奴ってthe HIATUSとMONOEYESのことどう思ってるの?】の続きを読む

    o0250028114174592418

    1: 2018/05/18(金) 01:26:26.81 ID:uP6xulVG0
    GOING STEADY

    【好きだったパンクバンド 】の続きを読む

    20160603115929

    1: 2018/05/15(火) 19:15:21.12 ID:9ICgyWI70
    と思う?

    【日本のパンクロックシーン、ELLEGARDENの復活で息を吹き返す 】の続きを読む

    WANIMA_art201712_fixw_730_hq

    1: 2017/06/27(火) 18:42:32.34 ID:IpZ5+AWN0
    中高生向けの音楽を作るくせに影響を与えた中高生を殺すような曲ばかり作る。
    ヤバいTシャツ屋さんみたいに「とりあえず騒ごう」みたいな曲ならまだしも無理矢理ぶっこんだようなメッセージ性(笑)の数々。俺は嫌いだわ。

    【WANIMAとかいうバンド、俺は嫌いだわ......】の続きを読む

    WANIMA_art201712_fixw_730_hq

    1: 2018/04/22(日) 01:18:12.15 ID:J5Md/lvld
    なんでや…

    【【陰キャVS陽キャ】 陰キャさん、WANIMAが嫌い.....!?】の続きを読む

    1: 2018/04/18(水) 22:24:10.10 ID:CAP_USER9
    ザ・ダムド、41年のキャリアで初めてUKアルバム・チャートのトップ10に入る見込みであることが明らかに

    ザ・ダムドは、デビュー以来41年のキャリアの中で初めて全英アルバム・チャートでトップ10に入る見込みであることが明らかになっている。

    ザ・ダムドは4月13日にトニー・ヴィスコンティがプロデュースした新作『イービル・スピリッツ』をリリースしており、週半ばの時点で最新チャートの5位にランクインしている。

    シングルでは“Eloise”のカヴァーが全英3位を獲得しているものの、アルバム・チャートでの最上位を記録したのは惜しくもトップ10入りを逃した1985年リリースの『ファンタマスゴリア』の11位となっている。

    「まだ完全に決まったわけではないけどね」とフロントマンのデイヴ・ヴァニアンは笑いながら語っている。「ただ、ようやく到達できたっていうのは嬉しいよ。長い時間を要したわけだからね。トップ10入りしたシングルはあったけど、アルバムは1枚もなかったからね。“Eloise”が大ヒットを飛ばした時ですら、(イギリスのコメディ女優でシンガーの)スー・ポラードのテレビ用の曲に負けたからね(その時はザ・ダムドの“Eloise”が3位で、ドキュメンタリー番組のテーマソングであったスー・ポラードの“Starting Together”が2位)。今回の競争相手は、カイリー(・ミノーグ)やマニックスだ。もちろん、ファンにはとても感謝しているよ。彼らがいなかったら、このアルバムは作られなかったからね。ようやく世に出すことができて嬉しいよ」

    バンドは先日、アルバムからのニュー・シングルとなる、カムデンの伝説的なライヴハウスであるココで撮影された“Look Left”のミュージック・ビデオを公開している。

    no title


    https://nme-jp.com/news/53299/

    【【PUNKROCK】ザ・ダムド、41年のキャリアで初めてUKアルバム・チャートのトップ10に入るかも.....】の続きを読む
               

    このページのトップヘ