音速~音楽のまとめサイト~

音楽系(主にロック)のニュースを扱うまとめサイトになっております。他にもライブ感想や新譜のレビューなどもございますので、是非お立ち寄りください!

    2254_LL

    1: 2018/07/12(木) 22:44:45.63 ID:CAP_USER9
    Nulbarich・JQ「世界レベルってこういうことか」スゴすぎてヘコんだライブは…

    J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。7月9日(月)のオンエアでは、emmaとのコンビでお送りしました。

    7月9日(月)の「antenna* LIVE! LIVE! LIVE!」のコーナーでは、7月14日(土)から16日(月・祝)に開かれる『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna*』にも出演するNulbarichのボーカル・JQさんが、人生最高のライブ体験について語りました。

    ■「世界レベルってこういうことか」


    JQ:最近では、4月に観たブルーノ・マーズの、さいたまスーパーアリーナのライブ。音楽に特化というよりも、“King of Pop”というか、エンターテイメントというくくりの中での最高峰というか、「世界レベルってこういうことか」というのを食らったライブでした。翌日に地方でワンマンライブがあったので、自分たちのライブに影響したというよりは、ヘコんだのを覚えてます(笑)。あとは昨年の10月ぐらいに、ビルボードでエリカ・バドゥのライブを見たんですけど、エリカ・バドゥが大好きすぎて、ただただすごかったという一言に尽きてしまうんですけど、神的なライブだったの覚えてます。

    続いて、自身にとってのライブとは何かを伺いました。

    JQ:僕たちにとっては、全てが表現できるのがライブだけだったりします。音源は自己主張というよりはグッド・ミュージックというものに向かった作品だったりするので、(ライブは)自分たちにとってはかけがえのない唯一の表現の場だと思ってます。皆さんも、ぜひライブを体験してみてください

    JQさんの話を聞いた藤田とemmaは、ブルーノ・マーズとエリカ・バドゥについて語りました。

    藤田:ブルーノ・マーズは、そのスケール感とか完璧なパフォーマンスが参考になるというか、ヘコむのもわかる気がします。エリカ・バドゥはまたちょっと違うところから、神々しく降ってきたんでしょうか。

    emma:私の友達も昨年、エリカ・バドゥのビルボードライブに行ってたみたいなんですけど、すごくよかったって言ってました。「見た方がいいよ」って。

    藤田:Nulbarichの曲『On and On』、今回紹介してくれたエリカ・バドゥの曲も『On & On』です。そのへんのインスパイアもあるんでしょうか。

    no title

    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/07/79-nulbarichjq.html 
    http://nulbarich.com/feature/biography

    【【Nulbarich】JQ「世界レベルってこういうことか」スゴすぎてヘコんだライブは… 】の続きを読む

    001

    1: 2018/07/12(木) 08:16:21.32
    ミスチルのボーカルの嫁=元地下セクシーアイドル
    B'zのボーカルの嫁=松崎しげるの元彼女
    ラルクアンシェルのボーカルの嫁=セ〇モン気象予報士


    一寸酷すぎない?これ 

    【どうして人気ロックバンドのボーカルほど嫁が残念なのは何故なのか? 】の続きを読む

    20150914-mwam

    1: 2018/07/12(木) 17:35:06.900 ID:CoIX6oib0
    なんの被り物なら売れるの?

    【MAN WITH A MISSIONみたいな被り物バンド組みたいんだが? なんの被り物なら売れるの?】の続きを読む

    no title

    1: 2018/07/12(木) 18:55:38.328 ID:7nbFDpJa0
    2人とも天才と言われてるけど

    【米津玄師と宇多田ヒカルってどっちの方が音楽的センス高いの?】の続きを読む

    childlistenmusic-e1518972690671

    1: 2018/07/12(木)16:17:49 ID:vPW
    アニソン作家がやってるネットラジオ
    http://tacchiradio.blogspot.jp/2017/09/337-music-life.html

    (リスナーに音楽業界について聞かれて)
    ・本音を言うと音楽業界はCDで買ってくれるのが一番嬉しい。
    ・配信だとアップルに結構な額を持っていかれる。配信で曲が売れても儲けは少ない
    ・Spotifyのような定額サービスも、全赤字というデータがこの前出た
     定額サービスは基本的に儲からないという結果が出てしまった。
     もちろん、曲を作るのに金がかかりすぎているという問題点もある。
     アルバムは制作に1000万単位。
     その回収を考えると配信で買われるのとCD1枚の購入では天と地の差がある。
    ・客は配信で買う方が便利だが、
     利益構造的にはCD買ってもらう方が良いという音楽業界のジレンマが今起きてる
    ・一応言っておくと現状でも配信ビジネスはちゃんと儲かっている。
     ただ一曲あたりの利益率は相当低く、CDの方が上。
     CDは3曲一括1200円ぐらいで買ってくれるので予算も組みやすいが
     配信だと消費者は1曲購入が圧倒的に多い
    ・ハイレゾ音源については、制作費が通常の倍かかる。マスタリングも2回必要。制作工程も多い
    ・アプコンしただけの本当の意味でのハイレゾ音源ではないケースも増えている
     そういうハイレゾもどきは波形解析すればユーザーもすぐ分かるはず。
    ・日本の音楽の人気は、CD初週売上の数字が全てという利権構造になっている
     販売戦略もそのCDの初週の数字をいかに上げるかに特化して動いている。
     これは配信が伸びてもこの先あまり変わらないだろう


    なんかストリーミング配信利用してる奴は違法サイトを利用してるのと同じみたいな風に聞こえてマジでストリーミング配信利用するたびに後ろめたい気持ちが出るようになったんやが・・・・

    【音楽ストリーミング配信愛用者ワイ、アニソン作家の発言で落ち込む......】の続きを読む

    1: 2018/07/12(木) 19:25:02.11 ID:CAP_USER9
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180712-OHT1T50177.html
    シンガー・ソングライターの米津玄師(27)が、NHKの「東京2020公認プログラム〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」のために、作詞・作曲・プロデュースした楽曲「パプリカ」を制作したことが12日、発表された。

    NHKが、2020年に向けた機運を高めるために行うプロジェクト。6月末に東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会から「東京2020公認プログラム」として認証された。

    米津の起用理由について、同局は「10代を始めとする若い方々にウケていて、人気がある。若い世代が聴いてくれるアーティストの方にしたかった」と説明。制作にあたり「子供たちを応援する歌にしてほしい。子供たちに、一緒に踊ってもらえるような曲を」とオーダーしたという。

    米津は「子供の頃を思い返すことが、ここ最近の活動において重要なテーマになっていたので、ダイレクトに子供へ向けた音楽を作ることになりました。子供たちが素直に楽しめるものを作るためには子供の目線で生活を省みつつ、子供を舐(な)めない所から始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子供たちが、小さな世界を元気に生きていくための糧になりますように」とコメントした。

    同曲の発売日、配信日は未定。チャリティー活動として行われるため、作家印税は、独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツ振興基金に全額寄付される。

    「パプリカ」を歌うのは、このプロジェクトのために開催されたオーディションで選ばれた小学生の男女5人組ユニット「Foorin(フーリン)」。メンバーの人選も、米津が行ったという。

    米津玄師のプロデュース曲「パプリカ」を歌う小学生の男女5人ユニット「Foorin」の(左から)たける、りりこ、ちせ、もえの、ひゅう
    no title

    【【出世し過ぎww】NHK「東京2020公認プログラム」の楽曲に米津玄師の「パプリカ」を起用】の続きを読む

    music_guitarist_boy

    1: 2018/07/12(木) 06:28:33.77 0
    2018年 米上半期の音楽消費動向、「人気ジャンル1位」ヒップホップの勢いがさらに拡大 ロックはさらに差を広げられる
    http://bmr.jp/news/208330

    今回発表された2018年上半期のレポートによれば、「R&B/ヒップホップ」の勢いがさらに増していることがうかがえる。
    2018年上半期のユニット総数は、前年上半期と比べて13.8%増(およそ2億7000万ユニット)
    と市場が拡大している中、R&B/ヒップホップ作品が占める割合は31%となり、
    ジャンル1位に。2位のロックは23.1%となっており、
    2017年上半期(R&B/ヒップホップ=25.1%、ロック=23%)と比べて大きく差を付けた結果となった。

    【【全米】Rockさん、HIP-HOPさんにさらに死体蹴りされてしまう.......】の続きを読む

    1: 2018/07/11(水) 08:18:19.58 ID:W1DRtlsk0
    aqHDkdn6_400x400


    【三大Aメロが全部一緒なバンド 「バンプオブチキン」「アジカン」「凛として時雨」 あと一つは? 】の続きを読む

    1: 2018/07/12(木) 15:21:54.25 ID:8t06qDJNd
    no title

    no title

    no title


    むぎたそ以上の不人気不可避

    【【悲報】けいおん!新章、とんでもないブスキャラをバンドに入れてしまう 】の続きを読む

    1: 2018/07/11(水) 08:35:01.632 ID:w5WpiWkYd
    no title



    no title


    これは正論ですわ

    【【悲報】有名人の容姿を貶してイキってるお前ら、天才イケメン米津玄師に完全論破されるwwww 】の続きを読む
            

    このページのトップヘ